仕事に変化があり、
充実した毎日を送っています

 

 

札幌市男女共同参画センター
千葉 千優

 

 

札幌市男女共同参画センターは、男女共同参画社会の実現を目指してさまざまな事業を行っています。幅広い世代に向けて講座やイベントを実施したり、悩みを抱えている方のための相談窓口を開設しています。そのため、プログラム作り、イベントの企画・準備や、相談窓口にお越しになった方を相談員につなぐ業務が今の主な仕事内容です。

採用後のギャップは意外にも体育会系の仕事だと感じている点です。イベントの会場設営では、音響設備など重いものを運ぶ場面が多くあります。事業は一から自分たちで作り上げるため、そのような業務も仕事の一環となります。先日、大きなイベントを終えた時は、「部活で大きな大会が終わった後」のような感覚になりました。事務作業もしつつ、身体を動かす作業も行うため、仕事に変化があり、充実した毎日を送っています。

出会う人の数が多いところもSYAAの魅力だと思います。社会人の方と知り合うことはもちろん、ボランティアで事業に参加してくれる学生や地域の方との出会いがあります。幅広い世代の方と交流する機会があるため、自分に近い年代の交流だけでは知ることのない知識や情報を得ることができます。

仕事に変化があり、
充実した毎日を送っています

 

 

札幌市男女共同参画センター
千葉 千優

 

 

札幌市男女共同参画センターは、男女共同参画社会の実現を目指してさまざまな事業を行っています。幅広い世代に向けて講座やイベントを実施したり、悩みを抱えている方のための相談窓口を開設しています。そのため、プログラム作り、イベントの企画・準備や、相談窓口にお越しになった方を相談員につなぐ業務が今の主な仕事内容です。

採用後のギャップは意外にも体育会系の仕事だと感じている点です。イベントの会場設営では、音響設備など重いものを運ぶ場面が多くあります。事業は一から自分たちで作り上げるため、そのような業務も仕事の一環となります。先日、大きなイベントを終えた時は、「部活で大きな大会が終わった後」のような感覚になりました。事務作業もしつつ、身体を動かす作業も行うため、仕事に変化があり、充実した毎日を送っています。

出会う人の数が多いところもSYAAの魅力だと思います。社会人の方と知り合うことはもちろん、ボランティアで事業に参加してくれる学生や地域の方との出会いがあります。幅広い世代の方と交流する機会があるため、自分に近い年代の交流だけでは知ることのない知識や情報を得ることができます。

仕事に変化があり、
充実した毎日を送っています

 

 

札幌市男女共同参画センター
千葉 千優

 

 

札幌市男女共同参画センターは、男女共同参画社会の実現を目指してさまざまな事業を行っています。幅広い世代に向けて講座やイベントを実施したり、悩みを抱えている方のための相談窓口を開設しています。そのため、プログラム作り、イベントの企画・準備や、相談窓口にお越しになった方を相談員につなぐ業務が今の主な仕事内容です。

採用後のギャップは意外にも体育会系の仕事だと感じている点です。イベントの会場設営では、音響設備など重いものを運ぶ場面が多くあります。事業は一から自分たちで作り上げるため、そのような業務も仕事の一環となります。先日、大きなイベントを終えた時は、「部活で大きな大会が終わった後」のような感覚になりました。事務作業もしつつ、身体を動かす作業も行うため、仕事に変化があり、充実した毎日を送っています。

出会う人の数が多いところもSYAAの魅力だと思います。社会人の方と知り合うことはもちろん、ボランティアで事業に参加してくれる学生や地域の方との出会いがあります。幅広い世代の方と交流する機会があるため、自分に近い年代の交流だけでは知ることのない知識や情報を得ることができます。

ニックネームで呼びあえるほど、
職員同士の距離が近い職場

 

 

札幌市青少年山の家
生田 麻衣

 

 

私は指導員として宿泊団体の利用対応や市民向けに自然のフィールドを生かした事業の企画実施などを行っています。山の家の利用する方々に都市と自然が共生する札幌市の魅力に改めて気づいてもらえるような、なげかけをいつも意識しています。仕事をする上で、1つ1つのことに必ず「意味」があり、なぜそうするのかを考えながら業務に取り組んでいます。

キャンプ事業等が多い関係から、職員にニックネームがついています。時と場合により、けじめをもって使い分けますが、年齢・役職に関係なくニックネームで呼びあえるほど、職員同士の距離が近い職場であることが自慢です。私のニックネームは「まいける」です。

『輝き 無駄の中に』という言葉が好きです。一見、無駄に思えるような時間も、後からその経験が「ひらめき」に変わる事があるのをよく実感します。行き詰った時には、何気ない無駄の中に、実は未来を切り拓くヒントが隠されているかもしれません。

ニックネームで呼びあえるほど、
職員同士の距離が近い職場

 

 

札幌市青少年山の家
生田 麻衣

 

 

私は指導員として宿泊団体の利用対応や市民向けに自然のフィールドを生かした事業の企画実施などを行っています。山の家の利用する方々に都市と自然が共生する札幌市の魅力に改めて気づいてもらえるような、なげかけをいつも意識しています。仕事をする上で、1つ1つのことに必ず「意味」があり、なぜそうするのかを考えながら業務に取り組んでいます。

キャンプ事業等が多い関係から、職員にニックネームがついています。時と場合により、けじめをもって使い分けますが、年齢・役職に関係なくニックネームで呼びあえるほど、職員同士の距離が近い職場であることが自慢です。私のニックネームは「まいける」です。

『輝き 無駄の中に』という言葉が好きです。一見、無駄に思えるような時間も、後からその経験が「ひらめき」に変わる事があるのをよく実感します。行き詰った時には、何気ない無駄の中に、実は未来を切り拓くヒントが隠されているかもしれません。

ニックネームで呼びあえるほど、
職員同士の距離が近い職場

 

 

札幌市青少年山の家
生田 麻衣

 

 

私は指導員として宿泊団体の利用対応や市民向けに自然のフィールドを生かした事業の企画実施などを行っています。山の家の利用する方々に都市と自然が共生する札幌市の魅力に改めて気づいてもらえるような、なげかけをいつも意識しています。仕事をする上で、1つ1つのことに必ず「意味」があり、なぜそうするのかを考えながら業務に取り組んでいます。

キャンプ事業等が多い関係から、職員にニックネームがついています。時と場合により、けじめをもって使い分けますが、年齢・役職に関係なくニックネームで呼びあえるほど、職員同士の距離が近い職場であることが自慢です。私のニックネームは「まいける」です。

『輝き 無駄の中に』という言葉が好きです。一見、無駄に思えるような時間も、後からその経験が「ひらめき」に変わる事があるのをよく実感します。行き詰った時には、何気ない無駄の中に、実は未来を切り拓くヒントが隠されているかもしれません。

良い意味で“変な大人”が
たくさんいます

 

 

札幌市若者支援総合センター
若林 勇太

 

 

私は「札幌市若者支援総合センター」で、若者が社会の一員としての気付きを育んでいくためのサポートをしています。具体的には、15歳~34歳までの若者を対象にゲームやスポーツなど、若者が興味・関心を持ちやすいジャンルの中から若者同士の交流の機会に繋がるような企画の立案を行うとともに、若者が社会とかかわる機会を持てるよう、地域でのお祭りなど各種イベントへの参加をサポートしています。

仕事におけるやりがいは若者と日々かかわりを持つ中で、彼ら・彼女らの育ちや学びを感じた時です。最近では、引っ込み思案で人前に出ることが苦手だった若者が、イベントでの司会をやってみたいと、自ら発言をする場面がありました。人とかかわる仕事は、すぐに変化や成果を感じることが少ない分、それらを感じる時が、この仕事をやっていて一番良かったと思える瞬間です。

SYAAには良い意味で、“変な大人”がたくさんいます。例えば私の職場には、気球を飛ばすことが趣味な職員がいます。空にいる時に感じる自分のちっぽけさが、なんとも言えない快感だそうです。変な大人は、人間的な魅力がたっぷりです。その魅力が、人とかかわる中で、エッセンスの1つになっていると思います。

 

良い意味で“変な大人”が
たくさんいます

 

 

札幌市若者支援総合センター
若林 勇太

 

 

私は「札幌市若者支援総合センター」で、若者が社会の一員としての気付きを育んでいくためのサポートをしています。具体的には、15歳~34歳までの若者を対象にゲームやスポーツなど、若者が興味・関心を持ちやすいジャンルの中から若者同士の交流の機会に繋がるような企画の立案を行うとともに、若者が社会とかかわる機会を持てるよう、地域でのお祭りなど各種イベントへの参加をサポートしています。

仕事におけるやりがいは若者と日々かかわりを持つ中で、彼ら・彼女らの育ちや学びを感じた時です。最近では、引っ込み思案で人前に出ることが苦手だった若者が、イベントでの司会をやってみたいと、自ら発言をする場面がありました。人とかかわる仕事は、すぐに変化や成果を感じることが少ない分、それらを感じる時が、この仕事をやっていて一番良かったと思える瞬間です。

SYAAには良い意味で、“変な大人”がたくさんいます。例えば私の職場には、気球を飛ばすことが趣味な職員がいます。空にいる時に感じる自分のちっぽけさが、なんとも言えない快感だそうです。変な大人は、人間的な魅力がたっぷりです。その魅力が、人とかかわる中で、エッセンスの1つになっていると思います。

 

良い意味で“変な大人”が
たくさんいます

 

 

札幌市若者支援総合センター
若林 勇太

 

 

私は「札幌市若者支援総合センター」で、若者が社会の一員としての気付きを育んでいくためのサポートをしています。具体的には、15歳~34歳までの若者を対象にゲームやスポーツなど、若者が興味・関心を持ちやすいジャンルの中から若者同士の交流の機会に繋がるような企画の立案を行うとともに、若者が社会とかかわる機会を持てるよう、地域でのお祭りなど各種イベントへの参加をサポートしています。

仕事におけるやりがいは若者と日々かかわりを持つ中で、彼ら・彼女らの育ちや学びを感じた時です。最近では、引っ込み思案で人前に出ることが苦手だった若者が、イベントでの司会をやってみたいと、自ら発言をする場面がありました。人とかかわる仕事は、すぐに変化や成果を感じることが少ない分、それらを感じる時が、この仕事をやっていて一番良かったと思える瞬間です。

SYAAには良い意味で、“変な大人”がたくさんいます。例えば私の職場には、気球を飛ばすことが趣味な職員がいます。空にいる時に感じる自分のちっぽけさが、なんとも言えない快感だそうです。変な大人は、人間的な魅力がたっぷりです。その魅力が、人とかかわる中で、エッセンスの1つになっていると思います。

 

仕事の幅広さと人との関わりが
SYAAの魅力

 

 

札幌市金山児童会館
熊谷 崇志

 

 

手稲区にある金山児童会館で遊びを通して子どもたちの健全育成に携わる仕事をしています。児童会館は放課後に子どもたちが遊びに来るイメージがあると思いますが、午前中には子育てサロンや地域の方々の活動拠点としても利用され、夜間には中高校生の利用があるなど幅広い年齢の人たちと関わっています。関わった人たちに何らかの良い影響を与えられるようにと思って仕事をしています。

SYAAの魅力は「仕事の幅広さ」と「人との関わり」にあると思います。児童会館だけではなく野外施設やイベントの企画など幅広い業務があります。また、様々な人と関わりながら、その人の求めるものを共に考えることで自分の引き出しを増やすことが出来ます。この活動協会で皆さんのやりたいことがきっと見つけられると思います。

SYAAには個性豊かな仲間がたくさん。年齢・性別問わず、色々な人が働いていますが、皆、人を楽しませることが大好きです。仕事を通して相手の想像以上のものを提供し、喜んでもらおうと日々努力しています。SYAAで人と真剣に向き合ってみませんか?皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

仕事の幅広さと人との関わりが
SYAAの魅力

 

 

札幌市金山児童会館
熊谷 崇志

 

 

手稲区にある金山児童会館で遊びを通して子どもたちの健全育成に携わる仕事をしています。児童会館は放課後に子どもたちが遊びに来るイメージがあると思いますが、午前中には子育てサロンや地域の方々の活動拠点としても利用され、夜間には中高校生の利用があるなど幅広い年齢の人たちと関わっています。関わった人たちに何らかの良い影響を与えられるようにと思って仕事をしています。

SYAAの魅力は「仕事の幅広さ」と「人との関わり」にあると思います。児童会館だけではなく野外施設やイベントの企画など幅広い業務があります。また、様々な人と関わりながら、その人の求めるものを共に考えることで自分の引き出しを増やすことが出来ます。この活動協会で皆さんのやりたいことがきっと見つけられると思います。

SYAAには個性豊かな仲間がたくさん。年齢・性別問わず、色々な人が働いていますが、皆、人を楽しませることが大好きです。仕事を通して相手の想像以上のものを提供し、喜んでもらおうと日々努力しています。SYAAで人と真剣に向き合ってみませんか?皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

仕事の幅広さと人との関わりが
SYAAの魅力

 

 

札幌市金山児童会館
熊谷 崇志

 

 

手稲区にある金山児童会館で遊びを通して子どもたちの健全育成に携わる仕事をしています。児童会館は放課後に子どもたちが遊びに来るイメージがあると思いますが、午前中には子育てサロンや地域の方々の活動拠点としても利用され、夜間には中高校生の利用があるなど幅広い年齢の人たちと関わっています。関わった人たちに何らかの良い影響を与えられるようにと思って仕事をしています。

SYAAの魅力は「仕事の幅広さ」と「人との関わり」にあると思います。児童会館だけではなく野外施設やイベントの企画など幅広い業務があります。また、様々な人と関わりながら、その人の求めるものを共に考えることで自分の引き出しを増やすことが出来ます。この活動協会で皆さんのやりたいことがきっと見つけられると思います。

SYAAには個性豊かな仲間がたくさん。年齢・性別問わず、色々な人が働いていますが、皆、人を楽しませることが大好きです。仕事を通して相手の想像以上のものを提供し、喜んでもらおうと日々努力しています。SYAAで人と真剣に向き合ってみませんか?皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

小学生の頃にやまびこ座の公演を
観に来ていたのがきっかけです

 

 

こどもの劇場 やまびこ座
岩尾 奈々絵

 

 

現在は、主にやまびこ座の舞台音響担当をしています。やまびこ座で毎週末上演される人形劇や児童劇などの公演時にピンマイクの調整や音響操作など公演を陰ながら補助させていただいています。また、中高生や初心者の方向けの人形劇講座や劇場のホームページ・広報誌の作成も担当しています。

 

私自身、小学生の頃よくやまびこ座に公演を観に来ていました。実際その時に、なにを観たのかは全く覚えてはいませんが、やまびこ座に行くことがとっても楽しみで大好きなおでかけスポットであったことはすごく印象的でいまだに覚えています。その思い出が活動協会を受けるきっかけの一つにもなりました。

 

私が思うSYAAの魅力は人と人とが出会い、簡単につながって輪が広がっていくところです。SYAAといえばまさに人材の宝庫!職員はもちろん、たくさんの利用者・市民の方々に支えられています。それぞれの施設が専門性に富んでいて、可能性は無限大です。それはきっと、利用者の方と近い距離で接していくことによって築かれた信頼関係の賜物と思います。私もそんな素敵な関わり方をしていきたいです。

小学生の頃にやまびこ座の公演を
観に来ていたのがきっかけです

 

 

こどもの劇場 やまびこ座
岩尾 奈々絵

 

 

現在は、主にやまびこ座の舞台音響担当をしています。やまびこ座で毎週末上演される人形劇や児童劇などの公演時にピンマイクの調整や音響操作など公演を陰ながら補助させていただいています。また、中高生や初心者の方向けの人形劇講座や劇場のホームページ・広報誌の作成も担当しています。

 

私自身、小学生の頃よくやまびこ座に公演を観に来ていました。実際その時に、なにを観たのかは全く覚えてはいませんが、やまびこ座に行くことがとっても楽しみで大好きなおでかけスポットであったことはすごく印象的でいまだに覚えています。その思い出が活動協会を受けるきっかけの一つにもなりました。

 

私が思うSYAAの魅力は人と人とが出会い、簡単につながって輪が広がっていくところです。SYAAといえばまさに人材の宝庫!職員はもちろん、たくさんの利用者・市民の方々に支えられています。それぞれの施設が専門性に富んでいて、可能性は無限大です。それはきっと、利用者の方と近い距離で接していくことによって築かれた信頼関係の賜物と思います。私もそんな素敵な関わり方をしていきたいです。

小学生の頃にやまびこ座の公演を
観に来ていたのがきっかけです

 

 

こどもの劇場 やまびこ座
岩尾 奈々絵

 

 

現在は、主にやまびこ座の舞台音響担当をしています。やまびこ座で毎週末上演される人形劇や児童劇などの公演時にピンマイクの調整や音響操作など公演を陰ながら補助させていただいています。また、中高生や初心者の方向けの人形劇講座や劇場のホームページ・広報誌の作成も担当しています。

 

私自身、小学生の頃よくやまびこ座に公演を観に来ていました。実際その時に、なにを観たのかは全く覚えてはいませんが、やまびこ座に行くことがとっても楽しみで大好きなおでかけスポットであったことはすごく印象的でいまだに覚えています。その思い出が活動協会を受けるきっかけの一つにもなりました。

 

私が思うSYAAの魅力は人と人とが出会い、簡単につながって輪が広がっていくところです。SYAAといえばまさに人材の宝庫!職員はもちろん、たくさんの利用者・市民の方々に支えられています。それぞれの施設が専門性に富んでいて、可能性は無限大です。それはきっと、利用者の方と近い距離で接していくことによって築かれた信頼関係の賜物と思います。私もそんな素敵な関わり方をしていきたいです。

プラス思考、情熱的で
パワーみなぎる人が多い

 

 

企画事業課
山田 啓貴

 

 

私は企画事業課で野外活動にかかわる事業と、広報事業を担当しています。野外活動事業では、財団所有の施設である滝野自然学園を拠点として、子どもの自然体験活動や指導者養成の事業の実施、民間企業や行政からのキャンプ等の受託事業を、広報では全セクションの担当者で組織する広報プロジェクトを担当し「さっぽろこども情報誌あそぼ」や、社内報「きょうかいナウ」を発行しています。

仕事では「シンプルに考える/伝えること」を心がけています。目の前の事象の本質は何なのか、そもそも何を目的にやるのかをシンプルに考えます。眉間にシワをよせて悩むよりシンプルにサクサクと考えた方が案外上手くいくことが多いようです。今後は「札幌で面白いことをやっている」「先駆的な事業をやっている」SYAAという団体を知ってもらうことを目指していきたいです。

私のSYAAのイメージは「いきいき&バイタリティ」ですね。良くも悪くも(?)プラス思考、情熱的でパワーみなぎる人が多いです。そして、上司部下関係なく仲間を思いやり、親身になって前向きに一緒に考えてくれる、そんな職員が多いですね。

プラス思考、情熱的で
パワーみなぎる人が多い

 

 

企画事業課
山田 啓貴

 

 

私は企画事業課で野外活動にかかわる事業と、広報事業を担当しています。野外活動事業では、財団所有の施設である滝野自然学園を拠点として、子どもの自然体験活動や指導者養成の事業の実施、民間企業や行政からのキャンプ等の受託事業を、広報では全セクションの担当者で組織する広報プロジェクトを担当し「さっぽろこども情報誌あそぼ」や、社内報「きょうかいナウ」を発行しています。

仕事では「シンプルに考える/伝えること」を心がけています。目の前の事象の本質は何なのか、そもそも何を目的にやるのかをシンプルに考えます。眉間にシワをよせて悩むよりシンプルにサクサクと考えた方が案外上手くいくことが多いようです。今後は「札幌で面白いことをやっている」「先駆的な事業をやっている」SYAAという団体を知ってもらうことを目指していきたいです。

私のSYAAのイメージは「いきいき&バイタリティ」ですね。良くも悪くも(?)プラス思考、情熱的でパワーみなぎる人が多いです。そして、上司部下関係なく仲間を思いやり、親身になって前向きに一緒に考えてくれる、そんな職員が多いですね。

プラス思考、情熱的で
パワーみなぎる人が多い

 

 

企画事業課
山田 啓貴

 

 

私は企画事業課で野外活動にかかわる事業と、広報事業を担当しています。野外活動事業では、財団所有の施設である滝野自然学園を拠点として、子どもの自然体験活動や指導者養成の事業の実施、民間企業や行政からのキャンプ等の受託事業を、広報では全セクションの担当者で組織する広報プロジェクトを担当し「さっぽろこども情報誌あそぼ」や、社内報「きょうかいナウ」を発行しています。

仕事では「シンプルに考える/伝えること」を心がけています。目の前の事象の本質は何なのか、そもそも何を目的にやるのかをシンプルに考えます。眉間にシワをよせて悩むよりシンプルにサクサクと考えた方が案外上手くいくことが多いようです。今後は「札幌で面白いことをやっている」「先駆的な事業をやっている」SYAAという団体を知ってもらうことを目指していきたいです。

私のSYAAのイメージは「いきいき&バイタリティ」ですね。良くも悪くも(?)プラス思考、情熱的でパワーみなぎる人が多いです。そして、上司部下関係なく仲間を思いやり、親身になって前向きに一緒に考えてくれる、そんな職員が多いですね。

SYAAは
「真剣に相手と向き合える人」を求めています。

 

 

自分の気持ちを誰かと共有したいと思った時、
やりたいことがあるのに一人では踏み出す勇気が出ない時・・・
想いを叶えるきっかけとなり、寄り添える「居場所 」でありたい。
このまちの可能性を広げることができる存在でありたい。

ひともまちも変わり続けています。
わたしたちはひととまちと共に歩んでいきます。

本気で笑って本気で悩んで時には本気で怒って一緒に成長できる人。
相手のために一生懸命になれる人。
カッコ悪くても自分を表現できる人。

SYAAは
「真剣に相手と向き合える人」を求めています。

 

 

自分の気持ちを誰かと共有したいと思った時、
やりたいことがあるのに一人では踏み出す勇気が出ない時・・・
想いを叶えるきっかけとなり、寄り添える「居場所 」でありたい。
このまちの可能性を広げることができる存在でありたい。

ひともまちも変わり続けています。
わたしたちはひととまちと共に歩んでいきます。

本気で笑って本気で悩んで時には本気で怒って一緒に成長できる人。
相手のために一生懸命になれる人。
カッコ悪くても自分を表現できる人。

SYAAは
「真剣に相手と向き合える人」を求めています。

 

 

自分の気持ちを誰かと共有したいと思った時、
やりたいことがあるのに一人では踏み出す勇気が出ない時・・・
想いを叶えるきっかけとなり、寄り添える「居場所 」でありたい。
このまちの可能性を広げることができる存在でありたい。

ひともまちも変わり続けています。
わたしたちはひととまちと共に歩んでいきます。

本気で笑って本気で悩んで時には本気で怒って一緒に成長できる人。
相手のために一生懸命になれる人。
カッコ悪くても自分を表現できる人。

当サイトは、公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会(SYAA)の採用総合サイトです。
SYAAでは、人と人とのふれあいを通じてあたたかな社会を創るため、私たちと関わる人に受容と自己表現の機会を提供し、そこから社会参加を促すべく活動しております。札幌の将来を担う人づくりに貢献していくことを目指します。

 

公益財団法人 さっぽろ青少年女性活動協会 総務課採用担当

〒001-0908 北海道札幌市北区新琴似8条1丁目1-34 ニュー鳳ビル 受付電話番号 011-299-4590 担当者 総務課 吉川・渡邊・本村・鷲塚

 

Copyright © 2015 公益財団法人 さっぽろ青少年女性活動協会(SYAA) All Rights Reserved.