腹話術愛好会「腹笑会」::やまびこ座・こぐま座

logo_head_sogo.gifhdbtn1.gifhdbtn2.gifhdbtn3.gif

hms1.gifhms2.gifhms3.gifhms4.gifhms5.gif

second_tl_sogo-dantai.jpg

HOME > 団体紹介 > 腹話術愛好会「腹笑会」

腹話術愛好会「腹笑会」

 腹笑会は。札幌を拠点として活動している腹話術愛好会で昭和58年7月13日に発足、今年で30周年目を迎えています。
 腹笑会は、「汗をかき」「恥をかき」「台本を書いて」を合言葉に練習、研究に励み、発表しているグループです。
 主な活動は、定期公演が年2回、札幌市こどもの劇場やまびこ座と札幌市こども人形劇場こぐま座でそれぞれ1回ずつ、行っています。それに、初心者の方に腹話術入門講座をこぐま座と共催で行っています。
 その他に幼稚園、保育園、子ども会、児童会館、施設、地域の親子行事や老人クラブなどから依頼を受けて「夢と笑いの宅配便」のキャッチフレーズで出前講演を行っています。
 公演内容は、腹話術、紙芝居、パネルシアター、手品等バラエティ組むことも可能ですが、公演のご依頼は事前にご相談ください。
 例会は、毎月2回、第2、4水曜日、札幌市中島児童会館で、発声・操作練習、研究発表会、試演会等を行っています。会員になりたい方、歓迎いたします。
 会員数は、32名(平成24年8月1日現在)、中学生から70歳代の幅広い年齢層で、会社員、公務員、学校の先生、年金生活者、主婦など様々な人が日夜、練習、研究に励んでいます。
 会費は、月500円で、入会金は不要です。

腹笑会.jpg

代表者名    小野 征彌
人数      32名
設立年数    1983年(昭和58年)
連絡先
ホームページ  なし
























submenu-yama-dantai.jpg