HOME > 歴史・沿革

札幌市こども人形劇場 こぐま座 沿革

1976年(昭和51年)
7月24日 札幌市こども人形劇場こぐま座 誕生 オープン記念公演(23日間、36ステージ 約5,000人動員)
12月 第5回札幌人形劇祭開催(第17回よりやまびこ座にて実施)
1977年(昭和52年)
1月 第1回こぐま座フェスティバル開催
6月 「第1回お母さんのためのこぐま座人形劇教室」開講(現在、「初心者のための人形劇講座」として継続中)
7月 オープン1周年記念公演「ミュンヘン・マリオネット劇場」公演
8月 第18回北海道人形劇フェスティバル開催
1979年(昭和54年)
4月 紙芝居大会(のちに「紙芝居・腹話術大会」として1994年まで実施)
11月 人形劇の日(子どもたちによる人形劇公演 2002年まで実施
1981年(昭和56年)
7月 こぐま座開館5周年記念公演
1986年(昭和61年)
7月 こぐま座開館10周年記念公演
1988年(昭和63年)
4月 財)札幌市青少年婦人活動協会管理運営業務受託スタート(現:公財)さっぽろ青少年女性活動協会指定管理業務)
1990年(平成2年)
7月 野外紙芝居まつり(~1991年)
11月 腹話術入門講座(~現在
1991年(平成3年)
7・8月 こぐま座オープン15周年記念夏休み特別公演
8月 「シアトル人形劇場」(アメリカ)公演
9月 「あそびのフェスティバル」開催(~2005年)
1992年(平成4年)
3月 世界の人形劇を観る会「譚志遠」(中国)
1995年(平成7年)
7月 札幌市姉妹都市特別公演「ノボシビルスク州立人形劇場」(ロシア)
1996年(平成8年)
7・8月 こぐま座20周年記念フェスティバル
1999年(平成11年)
11月 「こぐま座こども人形劇団」スタート(~現在)
2000年(平成12年)
5月 「人形劇講座修了生対象講座」開講(現在、「経験者のための人形劇講座」として継続中)
2002年(平成14年)
1月 プロデュース人形劇スタート(子どもの権利条約普及啓発人形劇)「トトコとまほうのなかまたち~オズの国までつれてって」(初演やまびこ座)
2004年(平成16年)
2月 プロデュース人形劇(子どもの権利条約普及啓発人形劇)「リュウタとポチャとクルミの木~とおのむかしはいまものがたり~」
9月 プロデュース人形劇(3歳からの初めてみる名作人形劇シリーズVol.1)「シンデレラ」
2005年(平成17年)
9月 プロデュース人形劇(3歳からの初めてみる名作人形劇シリーズVol.2)「にんぎょひめ」
2006年(平成18年)
4月 「やまびこ座・こぐま座人形劇スタンプラリー」スタート(~現在)
7・8月 こぐま座30周年記念事業(15日間、40ステージ 3,537人動員)
8・9月
  「読み語り入門講座」開講(~現在)
9月 プロデュース人形劇(3歳からの初めてみる名作人形劇シリーズVol.3)「ヘンゼルとグレーテル」
2007年(平成19年)
7月 中島児童会館・こぐま座開館記念祭「かもくま祭」(~現在)
10月 プロデュース人形劇(親から子へ伝えゆく~日本の昔話・民話)「竹取物語」
2008年(平成20年)
1月 あそびの劇場(~現在)
2009年(平成21年)
1月  プロデュース人形劇(アイヌの超人伝説「空飛ぶ少年ポイヤウンペの冒険」
10月 プロデュース人形劇(アイヌ民話人形劇)「金のひしゃく銀のひしゃく」
2011年(平成23年)
6月 「こぐま座パペットユーススクール」開講(~現在の「やまびこ座・こぐま座パペットユーススクール」)
7・8月 こぐま座35周年記念月間(10日間、14ステージ 1,141人動員)
10月 やまびこ座・こぐま座プロデュース人形劇(アイヌのむかしがたり)「ふんだりけったりクマ神さま」
2012年(平成24年)
7月 京都・奈良・札幌・岩見沢 人形劇団交流公演
2013年(平成25年)
3月 札幌市教育文化会館共同制作人形劇「OKHOTSK~終わりの楽園~」
8月 人形劇パレード(「だいどんでん」参加)
12月 やまびこ座・こぐま座プロデュース人形劇 知里幸恵生誕110周年・『アイヌ神謡集』刊行90周年・NHK”さわやか自然百景”放送15周年記念「銀のしずく~大地が謡ったものがたり~」
2014年(平成26年)
1月 あそびの劇場 冬の陣‐忍者!冬の中島公園をあそぶの巻‐(講師:NPO法人あそびの環境Museumアフタフ・バーバン北島尚志氏)
2015年(平成27年)
1月 やまびこ座・こぐま座プロデュース 北海道の人形劇シリーズPart.1「新☆アイヌ・ラッ・クル伝」
2016年(平成28年)
3月 やまびこ座・こぐま座プロデュース 北海道の人形劇シリーズPart.2「モイモイ・オーシャン・パラダイス」