『平成30年北海道胆振東部地震』に対する支援及び施設状況について

 平成30年9月6日未明に発生した「北海道胆振東部地震」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 こぐま座では、施設への被害はほぼありませんでしたが、安全確認作業の為9月9日まで臨時休館とさせていただきました。安全確認が取れましたので、こぐま座は9月11日から通常通り開館させていただいております。
 また、やまびこ座・こぐま座では被災地や被災された方々に対し、今後できる限りの支援を実施していきたいと考えております。なお、ご要望等ありましたらこぐま座(TEL:011-512-6886)までお問い合わせください。


ちっちゃなげきじょうのおっきなゆめ

こども人形劇場・こぐま座は、公立としては日本で初めて造られた人形劇の専門劇場で、昭和51年7月に中島公園に誕生しました。当時、札幌市長が、姉妹都市のミュンヘンを訪れた折、目を輝かせて人形劇を見入っている子どもたちの姿に感動を受け、札幌にもぜひ人形劇場を造りたいということから、全国初の公立人形劇場が生まれました。


以来、こぐま座では、人形劇・腹話術・紙芝居など、市内で活躍しているアマチュアが中心となって上演を行っています。人形劇をつくる人、見る人とが一体となって、さらに楽しい、面白い、より質の高い人形劇の創造を目指しています。

・お知らせ・ニュース

FACEBOOK、Twitter随時更新中。そちらもお楽しみください。

公式FACEBOOK

公式Twitterを始めました。


2014.8.28
おまたせしました!こぐま座オリジナルグッズ、こぐまちゃんのストラップとピンバッチが完成しました!
各350円です。人形劇を観た思い出に、おひとついかがですか?






人形劇をみて指人形がもらえる!期間は平成30年4月1日~平成31年3月31日

2018年度こども基金「さっぽろスマイルキッズ」サポーター募集中!ご寄付は、基金の拡充と、こどもの体験活動を通じた健全育成活動を幅広く支援するために利用いたします。

3月11日に起こった東日本大震災の被災地の子どもたちに対して、やまびこ座・こぐま座という2つの子どものための劇場ができる支援を行っていきたいと考えております。


札幌市こども人形劇場こぐま座は、公立としては、日本で初めて造られた人形劇の専門劇場です。
1976年(昭和51年)7月に中島公園に建設されました。以来、いろいろな人形劇や紙芝居、腹話術などを上演し、札幌の子どもたちや市民のみなさまに親しまれてきました。

札幌市こども人形劇場こぐま座
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1番1号
TEL:011-512-6886

アクセスLinkIcon