お問い合わせ twitter facebook

やまびこ座 施設概要一覧やまびこ座

やまびこ座の施設概要について

札幌市こどもの劇場やまびこ座は、人形劇・児童劇・伝統芸能など児童文化の創作・学習・鑑賞・発表の場として、昭和63年8月6日に開館しました。人形劇団・劇団などと協働し、より優れた子どものための舞台芸術を提供していくことを目的とした、子どものための劇場です。次代を担う子どもたちがやまびこ座の舞台に触れ、楽しみ、考え、感動し、心豊かに成長していく事を願っています。
また、公演がない日でも、ロビーを開放し、図書の貸し出し(毎週水、金曜日の平日)、読み語りの会などを行っています。ぜひ遊びにいらしてください。

開館日
毎週火曜日から日曜日(主に土・日曜日・祝日は公演を行っています。)
利用時間
午前9時から午後5時まで
アクセス
地下鉄東豊線元町駅下車2番出口より北へ徒歩5分。駐車場は40台程のスペースがあります。
やまびこ座施設写真

やまびこ座

ロビー

ゆったりとした気分でくつろげる憩いの場です。休憩スペース・昔あそびのコーナーなどがあり、どなたでも気軽に利用できます。壁面には銅製のレリーフ彫刻、ステンドグラスなどが飾られています。

ロビー写真

展示・図書コーナー

子ども向けの図書や紙芝居、人形劇や児童劇などの専門図書を蔵書しています。展示コーナーには、札幌の姉妹都市から寄贈された人形のほか、人形師・(故)大江巳之助作の文楽人形を展示しています。

展示・図書コーナー写真2展示・図書コーナー写真3展示・図書コーナー写真4

展示・図書コーナー写真1

ホール

収容人数300人(車椅子スペース10台あり)。客席前半部は階段状のベンチに、後半部は固定席になっています。照明、音響設備や吊物など、人形劇や児童劇など、さまざまな舞台の形式に対応できるようになっています。

ホール写真2ホール写真3ホール写真4

ホール写真1

美術工作室

人形や小道具、舞台のセットなどを製作するところです。一通りの木工機材、電動器具があります。

美術工作室写真

研修室

人形劇や児童劇などの講習会をはじめ、芝居のリハーサルなどにも利用できます。

研修室写真

会議室

各団体の打ち合わせ、会議などに利用することができます。

会議室写真
ページトップへ